「 リラックス 」

Greetings from me!

Hello!

普段の自分を少し掘り下げて観察してみると、

自分がしていることやとっさの反応など、

あらゆることの動機は自分を守ったり、自分を保護したりするということに使っているように思います。

本当は本能で知っている自分の中にある神聖な部分を守りたいだけなのだけれど、

いつの間にか溜め込んできた自分の好きな(依存傾向のある)思考によって、

自分の外は危険だ、危ない、緊張だらけだ、と言って世界を見ているようです。

それらがメモリー。

これまでの自分の経験が教えてくれた本当の答えだとしがみつきたいかもしれませんが、

それも記憶です。

ほんの小さなことでいいから、例えば、日曜日は何か有意義なことに使わなくちゃ、

ということでさえ、ふっと手放せるとき、自分のとても豊かなところとリンクする体験をするかもしれません。

リラックスしなくちゃとか、休みが必要だと、

現代人のわたしたちはこれまで何度自分に謳ってきたでしょう。

自分を守ろうとしている、

防御もそうだし、マインドフルネスもそう、

それにものすごい時間を使っていますが、

「~しなきゃ」は記憶なのです。

「~しなきゃ」を手放してみたら、自分の今にぴったりなことがあるかもしれない。

記憶のメガネを外したら、

自然は自然だし、

その人はその人、

肩こりは肩こり、

自分の人生に立ちはだかる壁は自分の中の記憶の形、

自分のアイデンティティーを見直してみてください。

その壁はバラバラと落ちる感覚を楽しみにしていてください。

Enjoy!

B

「ウニヒピリのおしゃべり」

 

タフラブというものは、自分に正直に生きるということです。

自分に正直でいられなければ、ほとんどの場合、他の誰かをそのままにありのままに見ることは難しいのではないでしょうか。

本当に正直に生きると、善にたどりつくのだと信じています。

それはわたしが今どこに焦点をあてているかによって左右されてしまうかもしれませんが、宇宙の流れの中で、ほんとうの善に信頼を寄せた生き方を吉本ばななさんの生き様、そして平良アイリーンのもがきながらの実践を通して、教えてくれる本だと思います。

(2019/11/18)

.